RECORDING

エンジニア付きレコーディング

(セルフはこちらへ)

レギュラーレコーディング

一般的なレコーディングメニューでCueBoxとヘッドフォーンを使用した状態でのレコーディング方法です、2Boothを使用してDr、Bass(Line+Mic)の同時録音、BassがLine録りでOKであればGr(Mic)を含め3リズム、Keyも一緒に4リズム、音被りの無い完全にセパレーションされた同時録音が可能です、各パートの音被りがマイナスに働くジャンルにお勧め、もちろん各パート順番に録り重ねていくことも可能です、このベーシックリズム完成後オーバーダビング作業へと進みます、この録音は演奏ミスのリテイク、録音後の詳細エディット、ミキシングに至るまで一番選択肢の広がるレコーディング方法です、もちろんオペレータ付きでの録音になります

一発レコーディング

バンドらしさ、一体感、音被りもバンドの一部という各パートの音被りプラスと考えた録り方です、ジャズ、ブラスなどOffマイクを大切にする全体でリアル音源!!、といったRecにお勧め、こちらもオペレータ付きでの録音となり、CueBox、ヘッドフォーンを使用するか否かはお好みで選択できます、基本的に音被りがありますので1パートのみの演奏ミスによるリテイクには向きません、シクったらみんなでやり直すか聞かないふりをすることを前提にチャレンジしてください、一発時録り時もボーカルだけは後録りが普通ですがご希望であればコントロールルームを使用して同時にボーカル録りをすることも可能です

弾き語りレコーディングなど

こちらも各トラックの音被りを考えた場合、楽器→ボーカルと録って行くのは理想的ではありますが「上手くノリ切れない!!」フリーテンポ、リタルダントに歌がある場合など合わせづらい場合は同録も可能です、楽器がアコギの場合はエレアコの方がライン音も利用できるのでより有利かと思われます

2Mix(オケ)持ち込み「歌ってみた!!」レコーディングなど

カラオケデータ、CDなどを持込みのボーカル録音、ラップ、ボイスサンプル、アナウンス、ナレーション、朗読録音など…、もちろん「叩いてみた!!」、「弾いてみた!!」だってOKです

簡易カラオケ作成

あくまでも簡易型ですがセンターに聞こえる歌、楽器の音をある程度消しさる事が可能です、練習用のおけ作成等に利用できます、また多少元歌が残りますがそのおけに自分の歌を録音することも可能です

Netミックス

1、「NetMix」は当スタジオ外で収録したデータをネット経由で受送信し当スタジオでミックスするものです

2、ご利用は1曲より承ります

3、受送信に使用するのは宅ファイル便となり「Mac」に対応したサイトであればどちらでもOKです、また通常の宅急便、郵便での受け渡しもOKです、(推奨サイトhttps://gigafile.nu)

4、送信するマルチトラックデータは基本的に16/24/32bitの44.1、48、88.2、96、176.4、192kHzのWavまたはAiffでお願いします

5、形態はお任せミックスとなりますがミックス完成後ネット経由にて確認用データをお送りしますので試聴の上、修正希望があれば1回に限り料金内で修正可能です

6、料金は1時間/4,000円、支払いは前払いとなり1曲あたり2時間分の料金を暫定料金として事前に送金いただきます、楽曲により作業時間に増減がある場合も有りますが、1曲/3時間を上限としミックス完了後に増減分の料金精算をしてだきます、
(途中経過、不明点等電話、メール等で打ち合わせをさせていただく場合があります)

7、その他詳細はメール、メール、電話にてご相談ください、またご利用前に事前にファイルをお送りいただければデータを試聴、検証させていただきます(無料)

8、トラブルを避けるため2回以上の修正が必要な場合は当スタジオまでお出でいただき立ち会いミックス形態とさせていただきます(1時間4,000円)

9,ポイント対象になります

「Microphone allocating」マイク割り参考例です

下記の「3Room」利用時は1時間当たり1000円のオプション料金が掛かります、 また、使用楽器により「MeetingRoom」の同時併用も可能ですので御要望の際はお問い合わせ下さい、また「3Room」の場合も下記「サイレントボックス」を使ったレコーダィングの場合はオプション料金は掛かりません

4 Rhythm Basic(2Room/マイク被り無し)

Dr=Mic10~16本
Bass=Line
E.G=Mic2本
Key=Line-LR

Microphone allocating1

1発 Recording(1Room/マイク被り有り)

Dr=Mic10~16本
Bass=Line
E.G1=Mic1本
E.G2=Mic1本
Key=Line-LR

Microphone allocating2

1発 Rcording+Upright(1Room/マイク被り有り)

Dr=Mic10~16本
Bass=Line
E.G=Mic1本
Upright=Mic2本

Microphone allocating3

4 Rhythm Basic+Vo(3Room/マイク被り無し)

Dr=Mic10~16本
Bass=Line
E.G=Mic2本
Key=Line-LR
Vocal=Mic1本

Microphone allocating4

4 Rhythm Basic+UpRight(3room/マイク被り無し)

Dr=Mic10~16本
Bass=Line
E.G=Mic2本
Key=Line-LR
Upright=Mic2本

Microphone allocating5

5 Rhythm Basic(3room/マイク被り無し)

Dr=Mic10~16本
Bass=Line
E.G1=Mic2本
E.G2=Mic2本
Key=Line-LR

Microphone allocating6

4 Rhythm Basic+Other(3Room/マイク被り無し)

Dr=Mic10~16本
Bass=Line/Mic1本
E.G=Mic2本
Key=Line-LR

Microphone allocating7

一発ギター2本録り時、追加料金なしの救世主!!

サイレントボックス作ってみました!!、ジャンルによってはかなり使えます、ただし入力インピーダンスは16Ω固定です、スタジオ常設アンプは全て出力抵抗がセレクト可能ですので利用OK、出音イメージを確認して納得なら是非ご利用ください

ampbox1ampbox2

進行の概略

まずミーティングルームにてご挨拶をさせて頂きます、不明点、ご要望など有れば概略お伝え下さい、当スタジオはドラムが常設されておりますのでタムの数、追加分シンバルスタンドなど有れば支持下さい、この時点で他の楽器も音が出せるようセッティング可能で有ればしていただきます、もちろん各パート単位で録っていく事も可能ですがドラムさんのガイドとして一緒にプレイして頂く事も、同録して行く事も可能です、ドラムさんと同録してドラム以外のパートも「結構いいかなぁ」みたいなモノが録れれば部分的リテイク修正をして完成となれば時間短縮、費用削減にも繋がります、ひと通りベーシックが完成したらコントロールルームにて試聴確認いただき、その後オーバダビングをして行くか次の曲のベーシック録音をしていくか決めていただき次の作業に移ります、1曲づつボーカル、コーラス、ミックスまで完成させて次の曲に手を付けるのもokですその進行順序は皆さん次第です

作業工程ガイド

working process image

レコーディング参考例

この度「サニーサニーモンクボーイ」さんというバンドさんに録音時のVTRを拝借させて頂けましたのでレコーディングの一例を掲載しました、1パートづつの録音もOKですが今回は4リズムベーシック録音から順に希望部分の修正へと進んでいき完成させて行くパターンです、ミキサー室からの不慣れなトークバックも会話をせず、みんな目の前で会話しながらの和やかなバンド録りをしていきました、もちろん各パート完全音被り無しのセパレーションされた録音です、現実的にはドラムさんと一緒にまぁまぁテイクが録れちゃえば他のパートは気になるところだけ修正しつつ完成パターンで1番タイムロスの少ない録り方でもあります

1,まずみんなでベーシック↓

ライブと同じ要領です

2,ベースさんの修正↓

納得いかない所を修正

3,ギター1さんの修正↓

納得いかない所を修正

4,ギター2さんの修正↓

納得いかない所を修正

5,ボーカルさん録り↓

部分的に歌ったり通して歌ったり

6,ボーカルさんの修正↓

納得いかない所を修正

7,コーラス録り↓

コーラス、ハモリなどを重ねる

8,録り完成、ヤッタぁ〜!!↓

みんなで聴いて確認

9,ミックス/試聴/修正/完成です↓ 

まずエンジニアがミックスの叩き台を作りますので試聴、修正、調整してトラックダウン、2mixが完成します(mp3/256k)

PRIVACY POLICY

Copyright© 2000 SIF Recording Studio All Rights Reserved.